気持ち悪いと言われるな!熟女に警戒されないメールテク!

気持ち悪いと言われるな!熟女に警戒されないメールテク!

出会い系サイトでは、メールがすべてです。

どっかのイケメン事務所にいそうなほどの色男であれば、顔写真をのっければひとりやふたり余裕でしょうが、そうでないのならメールで勝負するしかない。

さて、そのメールのポイントですが、女の子の返信を促すには、まずは警戒されないこと。このひとことに尽きます。

女の子というのは、男性の下心に敏感です。自分を守るために、そういった本能的直感が身についているんでしょうね。

したがって、ちょっとでも下心を見せれば、警戒され、場合によっては「気持ちわりいコイツ」と思われ、返信なんてきやしません。

それでは、女の子に警戒されないメールとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

それは、とにかく礼儀正しいメールです。

そして、下ネタを言ったり、写真を見て相手の体を褒めたりしないことです。

のっけから下ネタを言う男というのは気持ち悪いですし、関わりたくありません。

体を褒められると、嬉しいことには嬉しいですが、そこに下心を感じずにはいられません。

いくらセックスフレンドを募集している女の子だって、露骨に下心を示されれば「気持ち悪い」と思うのです。

そういったことが言える仲になるまでには、ある程度の「段階」があるはずです。

それをすっとばしていたんじゃあ、いつまで経っても女の子とは会えません。

さて、肝心の「礼儀正しいメール」ですが、あなたは初対面の人に、まずなんと言いますか?「エッチしよ」ではないですよね。

まず挨拶をするはずです。

そこから会話をして、すこしずつ相手のことを知っていくはずです。

これはメールでも同じ。

ただし、メールというのは挨拶だけでは成り立ちませんから、一方的に、でもしつこくないくらいに、あなた(相手の子)にメールをした理由や、経緯、軽い自己紹介を書いてしまいます。

そして「返事待ってます」と締める。

これこそが礼儀正しいメールであり、女の子に警戒されない、メールテクのひとつなのです。

タイトルとURLをコピーしました